(一社)全国土木施工管理技士会連合会(JCM)とは

(一社)全国土木施工管理技士会連合会は、全国の土木施工管理技士会をもって組織された団体で、土木施工管理技士の技術力・社会的地位の向上、施工・施工管理の技術の発展、工事の安全・品質・効率の向上を図ることにより、良質な社会資本の整備に貢献し、国民生活の向上に寄与することを目的としています

事業概要

JCMでは、土木施工管理技士の技術力及び地位の向上のために次の事業を行っています。

  • 土木施工管理技士に関する制度の普及、表彰、情報収集及び各種調査研究
  • 土木施工管理技士の技術力および資質の向上に関する継続学習制度(CPDS)の運営
  • 監理技術者講習や技術力向上のための各種セミナーの実施及び図書の刊行
  • 国土交通省など発注者側との意見交換の実施
  • その他、論文の募集や会誌の発行など本会の目的を達成するための活動

沿革

昭和49年に土木技術者のために資料を配布する「資料頒布会」として創設され、その後、名称を「土木施工管理技士会」と変更し、平成4年に「社団法人全国土木施工管理技士会連合会」となり、平成24年に法人格を一般社団法人としました。

会員

会員は全国47都道府県技士会と3専門技士会の50技士会からなっています。

アクセス・連絡先

一般社団法人全国土木施工管理技士会連合会
〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル1F
営業時間
平日9:00~17:30
  TEL FAX
代表 03-3262-7421 03-3262-7420
CPDS

03-3262-7438

お問い合わせの際は申請受付番号やCPDS登録番号を予めご用意ください。

03-3262-7424(履歴申請)
監理技術者講習・どぼく検定 03-3262-7423 03-3262-7426
技術論文・JCMセミナー 03-3262-7425 -