よくある質問

1.「監理技術者資格者証」の交付を受けるためにはどのような条件が必要ですか?
建設業法第15条第二号に定められている監理技術者の資格要件(1級国家資格の取得や所定の実務経験を有する等)を満たしてさえいれば(一財)建設業技術者センターに申請することで随時、交付されます。
2.監理技術者講習の受講はどのような場合に必要ですか?
公共工事の監理技術者となる方は、発注者の受講確認に対応できるよう、現場に配置される前に講習を受講しておくことが必要です。
3.監理技術者講習の登録実施機関が複数ありますが、どの講習を受ければよいですか?
国土交通大臣に登録した実施機関の講習であれば,どの講習を受講しても監理技術者講習修了証(シール)が交付されます。講習地,実施日,受講料などを比較して,自由に選択することができます。
4.監理技術者講習の有効期間は何年間ですか?
5年間ですが、厳密には「公共工事の監理技術者として選任されている期間中 のいずれの日においても、その日の前5年以内に行われた監理技術者講習を受講していなければならない」と定義されています。つまり、講習については、 監理技術者として現場に配置されている期間からさかのぼって 5年以内の講習を受けておくことが必要です。なお、資格者証の有効期間5年間とずれることが起り得るため、講習の有効期間チェックを忘れないでください。
5.監理技術者講習を受講すれば監理技術者になれますか?
1級国家資格等の監理技術者としての資格要件がなければ、講習を受けても監理技術者にはなれません。
6.講習会場で資格者証の交付申請はできますか?
監理技術者講習の会場での資格者証交付申請はできません。資格者証の交付は、最寄りの(一財)建設業技術センター都道府県支部に申請してください。( 技術者センター本部TEL. 03-3514-4711 )
7.受講申込案内・申込書類はどこで配布していますか?
当連合会主催講習の受講申込案内・申込書類については、当連合会事務局(東京)および開催地の各課等土木施工管理技士会 などへ電話等でお問い合わせください。また、ホームページにも受講申込案内を掲載するほか、ホームページからプリントアウトした 用紙や他の方の持っている用紙のコピーでも使用できます。
8.講習の申込期限はありますか?
申込みは、講習日の8日前まで、随時受け付けておりますので、講習地・実施日をご確認のうえ、早めに申し込んでください。この期間を過ぎた場合は、必ず当連合会に電話で連絡してください。 ( 連合会TEL:03-3262-7423 )
9.受講票が届かない場合、また受講票を紛失した場合はどうしたらよいですか?
受講票は、実施日の10日前迄に送付いたします。実施日の5日前になっても受講票が届かない場合、また受講票を紛失した場合は、再発行等の措置をとりますので、 必ず当連合会に電話で連絡してください ( 連合会TEL:03-3262-7423 )
10.受講票が届きましたが実施日・講習地を変更したい場合はどのようにしたらよいですか?
変更届をプリントアウトし、必要事項をご記入のうえ原則として、実施日の10日前までにFAXで当連合会( FAX:03-3262-7426 )に送信してください。
11.監理技術者講習を辞退したいのですがどのようにしたらよいですか?
辞退届をプリントアウトし、必要事項を記入のうえ(受講申込書類の送付前の場合は、受講料の払込票を貼付した状態で)、実施日の前日までに当連合会に届くよう 郵送してください。なお、講習当日および講習終了後の辞退は受付けませんので、ご注意ください。( 連合会FAX.03-3262-7426 )
12.辞退した場合、受講料はどのように返金されますか?
返金は、手数料1000円を差し引き、銀行振込で返金いたします。なお、辞退届を受理した後、返金されるまでには、事務手続き上、2週間程度の時間がかかりますので、ご了承ください。