JCM講習会(CPDS認定講習会)

JCM講習会(CPDS認定講習会)は、技士会連合会および各技士会が土木施工管理技士(会員)の技術力の向上、自己研鑽の活動支援のために開催する講習会のことです。なお、会員でない方も申し込みできます。

受講にあたっては受講生の本人確認をさせていただいております。

当日は次のいずれかの身分証「監理技術者資格者証・CPDS技術者証・運転免許証」をお持ちください。

受講の申込みにあたって

2021年度の講習は以下の種類があります。今年度は全ての講習に試験はありません。内容・開催県などをよくご確認の上、お申込みください。

特に新型コロナウイルス感染症対策上、開催する技士会の要望に応じて、同名のセミナーで有っても、『対面形式』『サテライト形式』また、2つの形式の中に『県内従事者限定』のセミナーが有ります。以下、言葉の説明をご理解の上、お申込みください。


対面形式:講師および受講者が同じ会場に集まり、講習を行う

サテライト形式:受講者は会場に集まり、講師のみ遠隔地より講義を行う

県内従事者限定:開催県内で従事している応募者のみが参加できる講習


尚、新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、セミナーを中止する場合があります。受講料返金については、受講料お支払い方法・キャンセル等についての案内『こちら』をご覧ください。


JCMセミナー『基礎から学ぶ土木工学』(CPDS認定講習8ユニット 形態コード103 ※年間上限12ユニット対象)

詳しく見る

近年の建設現場は、施工技術者の成長に不可欠な「失敗の経験」が許されない厳しい環境にあります。また、個々の施工技術者の経験には、おのずからその範囲に限界があります。経験に代わるものとしては、実際の現場における失敗事例や、逆に成功事例等についてのケーススタディ等が、疑似体験として有効と考えられます。本セミナーは、これらを活用し、実際の現場での問題解決における『土木工学の役割』を説明します。

※指定テキストによる講習のため4時間で8ユニットになります

基礎から学ぶ土木工学
~現場における土木工学の活用~
13:00~16:40 8ユニット

JCMセミナー申込み

JCMセミナー『基礎から学ぶ安全衛生管理』(CPDS認定講習4ユニット 形態コード101)

詳しく見る

本セミナーは、建設産業に携わる方々に安全で安心な職場環境を醸成するために必要な「労働安全衛生法令」「工種毎の安全対策」および「災害事例」を分かり易く説明しますので、今後の安全管理に役立ちます。法律は難しくてよく解らない、安全管理を具体的に進めるためにはどうすれば良いのか、といった疑問を解消するために、基礎から学べる構成になっています。

土木工事現場のための
~基礎から学ぶ安全衛生管理~
13:00~17:00 4ユニット

JCMセミナー申込み

維持管理セミナー『河川編』(CPDS認定講習8ユニット 形態コード103 ※年間上限12ユニット対象)

詳しく見る

本セミナーは、河川の特徴や役割などの基礎知識、河川や施設の点検・調査方法、河川維持管理の課題と新技術を活用した対応などについて学ぶことができ、河川維持管理の基礎知識の習得に役立ちます。

※指定テキストによる講習のため4時間で8ユニットになります

河川の特徴を知り、安全で魅力ある
河川の維持管理方法の基礎を学ぶ
13:00~17:00 8ユニット

維持管理セミナー申込み

DVDセミナー(CPDS認定講習 形態コード108 ※年間上限6ユニット対象)

詳しく見る

6プログラムあります。内容をご確認の上、お申込みください。同じ年度内に同じ内容の講習は受講できませんので、ご注意ください。特にDVD『今すぐできる10%増減するための原価低減5つのポイント』は市販品です。このDVDを社内研修等で使用し、CPDSユニット登録されていた場合は、重複扱いとなりますのでご注意ください。

また、DVDセミナーは、技士会や支部で自主開催することがあります。各技士会等自主開催セミナーに関しては、各技士会等にお問合せください。

事例から学ぶ「現場の失敗」のしくみ 13:00~16:15 3ユニット
「施工事例」から学ぶ現場の創意工夫 13:00~16:15 3ユニット
コンクリートで失敗しないための講座 13:00~16:40 4ユニット
基礎から学ぶ道路(舗装)の維持管理講座 13:00~16:12 3ユニット
仮設構造物(土留め工)の設計セミナー 9:45~11:50 2ユニット
今すぐできる10%増減するための原価低減5つのポイント 13:00~16:40 4ユニット

開催時間は共催です

DVDセミナー申込み