第7回入賞作品

最優秀賞

-- 仮設作業足場 --
投稿者: 斎藤工業株式会社 / 白間 正人 様
[ 写真説明 ]

本工事に入る前に準備作業があります。足元が悪いのに橋台の高さ位に仮設作業台を完成されたのに感動しました。

[ 選評 ]
鉄骨の錆色と新緑、そしてコンクリートとの色と質感のコントラストが綺麗な作品です。広角レンズでの俯角による足場の不安定さと、それに続く深礎の竹割コンクリートの中にまで吸い込まれそうな恐怖感で、高所のダメな方は作品を見ているだけで恐ろしいでしょうね。

優秀賞

-- 隙間を通せ --
投稿者: りんかい日産建設株式会社 / 山田 凱登 様
[ 写真説明 ]

ケーソン制作現場での、型枠組立状況です。
とてつもなく重い資材を毎日使う土木現場ならではの人の力強い場面を撮影しました。

[ 選評 ]
ミストが効果的でしたね。もう少し表情が見えたら良かったのですが、人物を取り上げた作品の中では秀逸でした。土木に於ける人物の写真は周囲の状況、動き、表情などのすべてを表現しなければならないので難しいと思います。これからも素晴らしいチャンスを狙ってください。
-- ストップモーション --
投稿者: 会社員 / 瀬戸間 博 様
[ 写真説明 ]

エム・エムブリッジの新山国大橋拡幅橋梁新設の現場です。常夜灯に照らされた現場内のクレーンがとても迫力ありましたので、帰宅途中に車を止め撮影しました。(一般撮影者として)

[ 選評 ]
星が動いているので三脚を使用されたと思いますが、いつも車の中に携帯しているようですね。非常に美しく、構図もしっかりとした作品です。クレーンのフックが皆上がっているので現場の動きは感じられませんが、次は綺麗で動きのある現場の写真も狙ってみてください。
-- 高所作業 --
投稿者: 定年退職 / 多和 裕二 様
[ 写真説明 ]

2020年7月14日完成予定の「国際クルーズターミナル」のターミナルビル工事が行われています。最上階の4階では、命綱を身に着け安全第一で作業員が部材を運んでいました。
世界最大級のクルーズ船も着岸できるので今から完成を楽しみにしています。

[ 選評 ]
望遠で岸から撮ったのでしょうか、狙いは良いのですが、もう一つ高所作業の高さが感じられません。全体を入れると人が米粒のようになりますし、下からでは鉄骨に邪魔され見えません。背景に後ろボケした高層ビルでもあったら良かったですけど、青海では無理でしたね。
-- 白亜のサンルダム --
投稿者: 大成建設 / 横江 憲一 様
[ 写真説明 ]

北海道下川町のサンルダムの試験湛水中、ダムから越流している状況を下流から撮影してみました。ダムが一般見学者用に夜もライトアップされており、とても、幻想的でした。

[ 選評 ]
普段は山の中腹にひっそりと佇んでいるダムですが、まるで「さっぽろ雪まつり」の雪彫刻の巨大神殿を見るような荘厳で幻想的な姿をうまく捉えました。試験湛水中、試験放流でのライトアップは見事ですね。今後はダムの完成事例も少ないのですが、試験放流でのライトアップがあると良いですね。
-- 富士の頂で --
投稿者: 山梨市 / 細田 真介 様
[ 写真説明 ]

日本一標高の高い場所で働く重機だと思います。
御来光に照らされてキレイでした。

[ 選評 ]
土木としては富士山頂で日の出と共にという非常に珍しい作品です。朝日も雲も雲海も綺麗ですのでそれだけで素晴らしい写真になりますが、そこに重機が入っただけで素晴らしい土木写真になります。青空を少なくしてもっと下の黒味(つぶれるでしょうけど山肌)を入れればもっと良かったですね。

入選

  • -- 「歩道橋撤去!50年の歴史に幕」 --
  • 投稿者: 株式会社 センコー企画 / 安田 賢二郎 様
  • [ 写真説明 ]

    道路改良工事に伴い歩道橋撤去工事を実施しました。架空線や学校が近接し、夜間通行止め規制中のみの作業となる厳しい現場条件であった。50年間歩行者の交通安全に大きく貢献してきた歩道橋をライトアップして最後の姿を撮影しました。

  • -- ジャングルジム --
  • 投稿者: 格正建設株式会社 / 高濱 直人 様
  • [ 写真説明 ]

    法面工の足場組立が巨大なジャングルジムに見えたため撮影しました。

  • -- 監査廊最下層への階段 --
  • 投稿者: 自営業 / 伊藤 智仁 様
  • [ 写真説明 ]

    令和1年12月に完成しました大分川ダム(ななせダム)工事中の2月見学会にて
    監査廊最下部へ一直線に降りる階段を全天球カメラで撮影しました。
    急勾配の監査廊階段は上から覗くも底が見えなく、工事も完成後の点検も大変だと実感しまた。