個人IDと特定機能のIDの違い


IDには個人IDと特定機能のIDがあります。IDによって行える申請が異なります。

ユニット登録は学習した「個人」に対して付与されるもので、個人IDに加入している方が対象です。
他の種類のIDに加入していても、
個人IDに加入していなければユニット登録をすることができません


加入者
IDの種類
IDの機能 可能な申請
個人ID 個人IDがないとユニットの登録ができません。ユニットを登録するには個人IDが必要です。 学習プログラム(社内研修を除く)
学習履歴の申請(ユニット登録)
学習履歴受講証明書、Web−CPDS新規加入申請等
講習実施機関ID 主催者として講習を開催する、社内研修に講師を派遣する等のプログラムを申請するのに必要なIDです。 講習会の主催者として開催するプログラム申請と学習履歴申請(社内研修を除く)
講師派遣する社内研修のプログラム申請と学習履歴申請等
社内研修ID 自社の社内研修をCPDSに申請するのに必要なIDです。 社内研修のプログラム申請と履歴申請等
社員データID 個人IDを所持している社員の個人情報や学習履歴の情報を一覧にして確認ができます。また、個人IDを所持している社員の学習履歴の申請を受講後に申請できます。 個人IDに加入している社員の個人情報と学習履歴一覧の入出力
個人IDに加入している社員の学習履歴申請、学習履歴証明書申請、カード再発行申請、登録内容申請、Web-CPDS新規加入申請等

Copyright(C) 1992-2018 全国土木施工管理技士会連合会 All rights reserved.