学習履歴証明申請の流れ

学習履歴申請は一括送金残高が不足していると申請ができませんのでご注意ください。

学習履歴証明書の申請手続き料金 1枚につき (個人ID、社員データID共通)

証明される者が全員技士会会員  500円/1件20名迄 至急代金 400円
証明される者に技士会非会員が含まれている 1,500円/1件20名迄 至急代金 400円


(1)個人IDで申請をする

(2)社員データIDで申請をする


(1)個人IDで申請をする

1.個人IDでログインをする。複数名で1枚の証明書を申請する場合は、代表の1名でログイン。


2.トップページ[A1-2]から学習履歴「3.学習履歴証明書申請[J2]」を押す。


3.「学習履歴証明申請[J2]」画面に移動。


画面に「入力エラー」と表示された場合は一括送金残高が不足しております。
一括送金申請の手続きをしてください。一括送金についてはこちらを参照してください。



4.学習履歴証明証明期間の日付入力と期間を選択する。
ここで入力した日付から1〜5年(選択した年数)を遡って証明します。
[例] 「(西暦) 2011年12月31日   以前の  1年間」と入力すると、2011年1月1日〜2011年12月31日が証明日

5.至急依頼(有料)をする場合はレチェックを入れる。



6..証明する人が複数いる場合はCPDS番号と氏名を記入。入力後、「確認」を押す。



7.申請内容を確認する。内容が良ければ「送信する」を押す。
ユニット数や証明期間など、よく確認してください。


8.メールが届くので確認する。
メールの内容をよくお読みください。





(2)社員データIDで申請をする

1.社員データIDでログインをする。


2.トップページ[A1-4]から「所属する社員データの利用の申請 4.学習履歴証明書「(2)学習履歴証明書申請[J2]」を押す



3.「学習履歴証明申請[J2]」画面に移動。
画面に「入力エラー」と表示された場合は一括送金残高が不足しております。
一括送金申請の手続きをしてください。一括送金についてはこちらを参照してください。


4.学習履歴証明証明期間の日付入力と期間を選択する。
ここで入力した日付から1、2、5年(選択した年数)を遡って証明します。
[例] 「(西暦) 2011年12月31日   以前の  1年間」と入力すると、2011年1月1日〜2011年12月31日が証明日


5.至急依頼(有料)をする場合はレチェックを入れる。



6.証明する人を選択、または入力する。入力後、「確認」を押す。
選択→「社員一覧[J2-5]」を押すと別ウインドウが出るので、証明したい人を選択する。
直接入力→「CPDS登録番号」「加入者氏名」を入力する。社員データIDに登録されていない方は申請できません。



7.申請内容を確認する。内容が良ければ「送信する」を押す。
ユニット数や証明期間など、よく確認してください。


8.メールが届くので確認する。
メールの内容をよくお読みください。



Copyright(C) 1992-2018 全国土木施工管理技士会連合会 All rights reserved.