継続学習制度(CPDS)とは
土木事業の分野ほど、その完成物が国民生活に直接、広範囲に、長期にわたり大きく影響を及ぼす産業は、他に見当たりません。最近の急激な科学技術の進歩につれて施工法は進歩し、また一方、環境や健康に対する国民の考え方が変わり、施工上のルールも急速に変化しています。土木技術者は、それに応じた技術の研鑚が欠かせません。

(社)全国土木施工管理技士会連合会は平成12年度から、国内最初の『継続学習制度』を導入し、運用を開始し、名称を「継続学習制度(CPDS)」としました。
CPDSはContinuing Professional Development Systemの頭文字からきています。これは当会員を始め、土木施工管理技士の技術力や倫理観を高めるための学習・教育システムで、工学部門では国内で初めての制度です。

CPDSという全く新たな学習活動を実施するのか、と心配する人がいるかもしれませんが、そうではありません。各県技士会の会員が従来から学習してきた内容、即ち講習会や講演会、見学会に出席する、機関誌や専門誌に投稿する、講習会や講演会で講義をする等であり、ただ従来と違うところは、CPDSでは「学習記録を残していくこと」です。つまり、CPDSは「土木施工管理技士の技術力を向上し、良いものを造り、国民の福祉向上に寄与する」技士会の活動趣旨に沿ったものです。

継続学習の重要性
技術者の技術力を評価する要素として、国際的にも認められているのは、一般的に次のような3つの柱(技術力を支える三本柱)を指しています。
・学歴、資格
・実務経験(工事経歴)
・継続学習(継続教育、生涯学習とも言います)

継続学習については日本ではまだ始まったばかりですが、当連合会が平成12年度に開始しているほか、既にいろいろな他団体で活発な動きがあります。平成15年には建設系分野に係わる技術者の能力の維持・向上を支援するため、継続教育(CPD)の推進に係わる連絡や調整を図る目的で、関係11学協会で建設系CPD協議会が設立されました。CPD協議会で公開している「プログラム情報検索・閲覧システム」により、当連合会はじめ各協会の開催プログラムを検索できます。建設系CPD協議会プログラム情報検索・閲覧システム

また、当連合会ではプログラムの提供の他に他機関が主催する学習プログラムを申請により認定しています。


CPDSに参加すると
CPDSに参加することは自分自身の向上、研鑚です。CPDSの学習単位UNITは、土木施工管理技士の学習履歴の証明です。CPDSは学習UNIT(通常、1UNITとは学習に費やした1時間)によって評価するものです。個人別に学習UNITをCPDS台帳に記録し、デ−タベ−スとして管理してゆきます。学習UNITは学習する度に加算され、学習時点からその学習は5年間有効です。5年経過した学習時間は自然消滅(差し引き)していきます。個人毎の学習時間の実績は個人毎の登録番号(名前は出さない)と学習時間UNITを一般に公開しています。これは将来参加者のメリットとして生かされるためです。現在広島県、高知県、愛媛県では入札参加資格申請審査で主観点数に加算され、九州地方整備局でも技術審査に反映することになりました。また、CORINSの技術者に関する資格欄にCPDS単位の登録が可能になりました。今後その他の県等でも取り入れられる方向に向かっています。CPDSについてのよくあるご質問をQ&Aの形式で説明します。 CPDS FAQ

詳しくは継続学習制度マニュアルをご覧下さい。継続学習制度マニュアル

下記の団体とは協定を結んでおり、CPDS認定講習会を定期的に開催しています。詳細はそれぞれの団体へお問い合わせ下さい。

建設物価調査会  関東技術事務所  全日本建設技術協会  経済調査会